作業者

時間的付加価値

ダンボール

倉庫や配送に工夫

通販で魅力なのは、重い商品を自宅まで届けてくれることです。これだけでメリットは高いのですが、更なるサービス向上として当日配達を行う通販が増加しています。大手通販会社を中心に当日配達を可能にしているのは物流の工夫を行っているからです。拠点となる倉庫を日本全国に構え、自宅に最も近い場所から速やかに配達可能にしているのです。しかしそこには物流に関わるコストが莫大にかかります。倉庫の商品に枯渇がないように常に調整を行う必要があることと、事前に商品のシミュレーションを綿密に行わないと当日配達が可能にならないのです。もちろんすべての商品に対して当日配達が可能になるわけではありませんが、当日配達を可能にすることで売上は格段に増加するのです。

キャンセル率を低下させる

その背景は消費者の心理です。消費者はほしいと思ったときに商品を購入しますが、その場で商品が届かない場合には、キャンセルする可能性も高くなるのです。そのためできるだけ早く消費者のもとに商品を届けることでキャンセル率を低くさせる効果があるのです。そのため大手通販は当日配達を売りにサービス展開をコストをかけて行っているのです。これには配送業者の協力も必要になります。配送業者と通販会社の密な連携がないとピストン式に配送する事ができないからです。そのため提携している配送会社の拠点にも工夫が必要になってくるのです。当日や翌日配達が基本の日本は世界的にみても優れた物流サービスとなっています。しかし今後これをさらに短縮することが消費者から求められているのです。