作業者

作業、在庫、数値化

婦人

当日配達サービスを実施している通販会社は多いですが、それを可能にするのは物流スピードです。当日配達ということは当日に発送する必要があり、それが消費者に届くまでに最短の時間しかかけることができません。ちなみに、基本的には午前中までの注文に対して当日配達をすることが多いです。これは消費者の手元にまでかかる時間を考慮しての配慮です。注文を受けてすぐに商品の確認、梱包を迅速に行い、すぐに配送会社に出荷します。このような作業の高速化が必ず必要になります。もちろん、出荷すべき商品がなければ梱包も出荷もできません。そのため、日々商品の売れ行きを分析して数量が不足にならないように調整しています。調整と作業の高速化によって当日配達を可能にしています。

最近では物流システムを支えるためにより大きなレベルでのデータを活用することもあります。これは商品の在庫がどれだけあるのかや、商品毎の発注具合をあらわすだけではありません。それは人の動きまでも含めたデータです。個々人の梱包スピードなど注文から発送までのあらゆる動きを数値化したものです。これによって課題を設けることができるのです。迅速に注文品を特定するのが早くても梱包が遅ければ当日配達は難しくなります。物流過程でどこに問題があるかを発見してそれをどう改善することができるかを明確化していきます。そうして日々課題を解決していくことで迅速に消費者に商品が到着するわけです。これで注文の頻度に左右されずにどのような商品でも当日配達できます。